ブルックリン美術館のSunbrellaファブリックを使ったアートインスタレーション「reOrder」を下から見たところ

ブルックリン美術館

ブルックリン美術館のキャノピー

reOrderインスタレーション
はSunbrellaのファブリックでブルックリン美術館を変える

デザインのすばらしさと性能の高さで昔から有名なSunbrellaの®ファブリックが、ブルックリン美術館のユニークなデザインインスタレーションの一部でNorman RockwellとフォトグラファーSam Taylor-Woodの仲間入りをしました。

ブルックリンを本拠とするSituスタジオは、ドラマティックなインスタレーション「reOrder:建築的環境」において、2000メートル以上のSunbrellaのファブリックを使ってこのホールの象徴的な柱をハイライトした特別なキャノピーを作り上げるというコンセプトと製作を担当しました。

reOrderは2231メートルのSunbrella Canvas Naturalのファブリックを、プリーツ加工し、クラシックな円柱の周りのメタルフレームにストレッチすることにより、283立法メートルのグレートホールを再構築しました。これによりこのクラシックに秩序だてられた空間が、美術館を訪れる人がくつろぎ、インスタレーションを感じることのできる場所へと変貌したのです。

この構造は、ホールのユニークなデザインを取り入れ、ホールのスケールを変革し、スペースの巨大さを示すと同時に近しく親密な雰囲気も生み出しました。

Brooklyn Museum Canopies Brooklyn Museum Canopies